お問い合わせはこちらから

LINE公式アカウント・配信数が1000通超えるけど毎月ライトプランにするのは抵抗がある場合の対処法




LINE公式アカウントの配信数がオーバーしてしまう!

公式ラインを初めて2ヶ月半。

ありがたいことに、ただいまフォロワー数が362人。

週一回配信しているので3週目で1000人の枠が尽きてしまいます。

 

しかし、無料の1000件の次のハードルが高い!!

プラン 料金 メッセージ配信数
フリー 0円 1,000通
ライト 5,000円 15,000通
スタンダード 15,000円 45,000通

なんといきなり毎月5000円!

ちょっと足りないだけなのに。。。

15000通もいらないのに固定費が5000円・・・。。

だからといって、「フォロワーが増えてオーバーするから配信しない」なんて本末転倒です。

 

そんなお悩みについて、今日は2つの対処法についてお伝えしたいと思います。

 




①オーディエンス機能を活用する

一つ目の方法はオーディエンス機能を活用し

ちゃんと意味のある人にだけ届けることで配信数を節約するという方法。

オーディエンス機能はいくつかありますがその中でもこの3つが使いやすいと思います。

◆クリックリターゲティング 過去に配信したメッセージに含まれるリンクをクリックしたユーザーを対象にしたオーディエンス
◆インプレッションリターゲティング 過去に配信したメッセージを開封したユーザーを対象にしたオーディエンス
◆チャットタグオーディエンス チャットに付けたタグを対象にしたオーディエンス

ではひとつひとつ説明していきますね!

 

 

クリックリターゲティング

過去に配信したメッセージに含まれるリンクをクリックしたユーザーを対象にしたオーディエンスであれば

例えばレッスンの再募集をするときに

「前回配信したレッスンを募集ページをクリックした人だけ」に配信をすることが出来るというような感じです。

クリックしてくれた人というのは「興味を持った」人たちなので

その人たちの背中を押せるような文章を書いてあげると契約に繋がると思います!

インプレッションリターゲティング

過去に配信したメッセージを開封したユーザーを対象にしたオーディエンス

クリックターゲティングに比べると幅が広がると思います。

よく公式ラインは開封率がメルマガより高いと言われますが、それでも開封率は100%ではありません。

「開封せずどうするの?」というのは読まずに通知画面で「既読」にしてしまったり通知を消してそのままにしていたり・・・

自分のLINE公式アカウントの分析を見てみればわかると思いますが

全く開いてもない人だって存在するのです。

その人たちに再度送っても反応も少ないかもしれない・・・というときは開封してくれた人だけに送るというのも一つの方法です。

チャットタグオーディエンス

チャットに付けたタグを対象にしたオーディエンス

要は「タグ」によって配信内容を変えるのです。

だって体験レッスンを受けた人に「体験レッスンの募集」という配信をしても何の意味もないですもんね!

 

タグオーディエンスを使えば

体験レッスンの募集→体験レッスンタグが付いた人を除外して配信

コースレッスンの募集→体験レッスンタグが付いた人だけに配信

ということも可能です。

 

タグを含める

タグを除外する

どっちも使えるのがすごくいいですね!!!

 

 

ただ、注意点としては、タグをつける条件として、すでに個別の1対1トークが始まっている必要があります。

上記の配信でいうと体験レッスンを受けてる人ならきっとすでに個別トークが始まってると思うのですが

まだ個別トークを始められてない人にタグをつけたい場合は

まず1対1のトークをスタートさせるところから構築してみましょう。

[clink url=”https://ateliermieux.net/tourokusyaname”]

 

 

②1000通超えてしまう場合は足りない日数分だけ支払おう

フリープランでは足りない配信数だけ支払うことが出来ません

(ライトプランやスタンダードであれば可能)

ですが、ありがたいことにフリーやらライトにする場合は日割り計算が使えます。

なので、私であれば3週目まではフリーで使って、足りない4週目だけ日割り計算で支払えばいいのです。

 

「でも、翌月から毎月5000円かかるじゃない!!」

 

大丈夫です。

ライトプランからフリープランに戻したときは翌月適用になります。

どういうことかと言うと、

翌月はフリーに戻るのでまた配信数が足りなくなった時に日割りでライトプランにすればいいのです。

 

 

配信スケジュール例:登録者300人の場合

4月1週目・フリープラン合計300人配信

4月2週目・フリープラン合計600人配信

4月3週目・フリープラン合計900人配信

4月4週目・フリープランでは足りないのでライトプランへ変更してから配信+ライトプランからフリープランへ戻しておく

5月1週目・フリープラン合計300人配信

 

この方法なら毎月5000円払うことを思えばかなり固定費を抑えられますね。

詳しい日割り金額はこちらのLINE公式アカウントが配布しているPDFをダウンロードしてください。

 

ちなみに月末の1日だけだったら、たった166円で500通送れますよ!!

 




まだまだ1000通オーバーには遠いという方へ

LINE公式アカウントの配信数が1000通超えるけど毎月ライトプランにするのは抵抗がある場合の対処法

いかがでしたでしょうか??

もちろんまったく無料で1000通以上送るということはできませんが、それでもかなり経費削減できる方法になると思います。

 

そしてまだまだ1000通オーバーの心配もないという方は2つのパターンがあると思います。

①配信数が少ない

②登録数が少ない

 

①配信数が少ない方

私はLINE社のライン@(当時)の使い方セミナーに参加したことがあるのですが

やはり最低週一回の配信は提唱されていました。

 

その理由はアイコンを見てもらうこと=思い出してもらう事だったのですが

それプラス、個人起業家のみなさんであれば

たまにの配信が募集や告知ばかりなるとブロック率が上がるからです。

(余談ですが、私はライン社が言われていたブロック率より18%以上低いブロック率を保っています。

ブロックに関する情報もまた公式ラインで配信しますね!!)

LINE公式アカウントの役割は信頼関係づくりです。

定期的な配信を行い登録者さんと信頼関係を作っていきましょう。

 

②登録者が少ない方へ

登録者は待ってていても増えません!

こちらに登録者を増やすための記事を書いてますのでぜひ読んでみて下さい!!

私も2ヶ月ちょっとで360名増えましたが

クライアントさんも1カ月で100名以上増えているので誰にでも再現性がある方法です。

[clink url=”https://ateliermieux.net/linetouroku”]

 

 

私のLINE公式アカウントではこのような

おうち起業家のための有意義な内容を毎週金曜日20:00~に配信をしていますので

きっとあなたのビジネスのお役に立てるはず!

さらに、今なら「クリックされるタイトルづくりテキスト」もプレゼントしているので

どんなふうに書けば自分の公式ラインに興味を持ってもらえるか?についても学んでいただけると思います!!

LINE公式アカウントの登録

https://lin.ee/7Ii5QMk

または

@368bfphi

で検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください