起業ストーリー④自宅サロンをビジネスとして考える

 





私はどうしてサロンをしたいのか?を考えてみた


さて、もう一度だけ頑張ってみようと思った私。

同じ轍を踏まないために

そもそも私は「なぜそんなにもサロンをしたいのか?」改めて考えてみました。

 

前回:私がサロンをするため

今回:好きなことをする幸せな気持ちをたくさんの人に知ってもらうため

 

そう、以前の私は、私の為にサロンをしていたのです。

 

もちろんレッスンを楽しんでもらいたいという気持ちはありました。

でも、「私がサロンをしたい、私がレッスンをしたい」

私の気持ちが前のめりになってしまっていた。

それでは生徒さんが集まらないのは当然です。

 

そもそも、私はなぜ自宅サロンをしようと思ったのか??

それは、レッスンの楽しさを知ってほしいはもちろんだけど

自分の「好き」を大切にすると、その幸せは本人だけでなく家族へも分け与えられる。

普段自分のことを後回しにしてる、昔の私のような人にこそ

その経験してもらいたいと思ったから。

 

だったら、ブログもそんな人に向けて発信をしていこう!!

そう思ってから私のブログはフラワーケーキの記事以外に

ネガティブな気持ちをポジティブに切りかえる方法や

大好きなアドラー心理学や子育てについても書くことにしました。

 

 


資格だけでは人は集まらない


前回私が学んだことの中にとても大切なことがあります。

それは「資格だけでは人は集まらない」ということ。

アイシングクッキー認定講師の中で

わずか2%しかいないマスター講師になっても集客できなかった私。

 

厳しいことを言うようですが

認定資格というのはあくまでも自分に自信をつけるものであって

資格を取っただけでは人は集まらないということを私は身をもって実感していました。

 

 

じゃあ、私と人気の先生の違いってなんなんだろう??

今売れてるサロンだって、売れてない頃やサロンを始めた頃があったはず。

一体、私と何が違うのか??

一番いい教科書は目の前にありました。

そう、ブログです。

 

 





人気サロンのブログを読み漁る!


前回と同じことをしていては同じ結果になる。

資格だけでは集客できないことはよくわかった。

 

私は人気サロンからヒントをもらおうと

それはもういろんな先生のブログを最初から読み漁る日々でした。

これすごくおすすめです!

ポイントは全部読まなくていいので、最初から読むこと!!

 

すると人気サロンに共通するルールが見えてきたんですよね。

そのひとつが「コンセプト」です。

技術があるのは当たり前。

でも一つ突き抜けてる教室というのは「○○と言えばあの教室」みたいな

一言で説明できる何かがあるんです。

それって今の私にはない。

同じ資格を持っていながら

どうやったら○○といえばあの先生って言われるんだろう??

私はまだまだ考えます。

 

 

 


好きなコトの為に、苦手なことにもチャレンジする!


サロンコンセプトってどうやって決めるの?と

ググってみるとおのずと集客の勉強にたどり着きました。

「ビジネスの勉強かぁ・・・」

レッスンと関係ないし

あんまりそういう勉強はしたくないと思っていたけど

今回はもう逃げない!

 

この幸せな気持ちをたくさんの人に伝えるためなら

苦手なこともチャレンジしようと思ったのです。

 

「好きを仕事に」という言葉のとらえ方は様々で

「好きなことしかしない」と言ってる人もいれば

「好きだったら、苦手なこともできる」言ってる人もいる。

なんだか矛盾してるように聞こえるし

私も一体どっちを信じたらいいの?と思いました。

でも今は思うんです。

 

「好き」の為なら苦手なこともチャレンジしてみよう!
「好き」の為なら苦手なことも好きになるはず!

 

今になってこそ言えることですが

私は仕事も好きだけど集客のお勉強も大好きになりました。

そして、自分で勉強したおかげで

レッスン以外にも集客を教える仕事をすることもできました!

 

もちろん、やってみて本当に苦手だなと思ったことは他人にお願いすればいいと思います。

 

私はヘッダー作りにチャレンジしてみたけど

出来上がった作品は素人そのもの。

全然可愛くなかったので、お金を出してプロに頼みました。

 

でも、アメブロのCSS(ちょっと難しい設定)なんて絶対無理!と思っていたけど

勉強してみたら出来るようになった。

 

手を付けるまでの私は

「写真組み合わせるだけのヘッダーの方が簡単でしょ!」と思っていたんです。

自分が何ができて何が出来ないか?なんて

本当に、やってみないとわからないんです。

 

だからこれもいつも生徒さんに言います。

「何もしてないのに勝手に無理だと決めないで。

一度やってみて、本当に無理ならやめればいい」と。

 

 


まだまだ可能性はある!!


そして私は一冊の本に出会います。

この本は今も生徒さんにもすごくおすすめしている本です。

 

この中には「人は値段ではなく価値で選ぶ」ということが書かれてありました。

そりゃそうです。

私だっていつもいつも値段で選んでるわけじゃありません

 

このカフェより、こっちのカフェにしたのは

静かでゆっくり本が読めそうだから、とか

今日は子供がいて騒がしいからこっちにしよう、とか

急いでるから早く出してくれるところにしよう、とか

何かしらその時その時「選ぶ理由」があり

値段だけで決めているわけではありません。

 

なのに、おかしなもので自分が販売する側になったら

「値段」と「商品」しか見えていなかったのです。

 

そして、上記で私が見つけた売れてる先生には必ずある

サロンコンセプトこそがサロンの価値そのものだったのです。

 

サロンコンセプト=サロンの価値

 

私は本当に何もしらずにサロンをしていたんだな、と本当に反省と同時に

まだまだ自分の可能性があることにとっても嬉しくなったのを覚えています。

そして、

私の主宰する集客講座では

「商品を売らなくていい」と言っているのですが

その言葉の裏側にはいつもこの本の教えがあります。

 

私が本の中で学んだのは

私がカフェで買ったのは「コーヒー」じゃなくて

「コーヒーを飲みながらゆっくり本を読むくつろげる時間を満喫する私」だという

本質に気づいたことが

私の一番のターニングポイントだと言っても過言ではないでしょう。

 

最後は宣伝みたいになっちゃいましたが、

本当に勉強になるので

サロン講師さん、作家さんはもちろん自営業されてる方にも本当におすすめです。

さて、次回は私が自分のコンセプトを考えるお話を書かせて頂きますね!

今日の記事が面白かった!勉強になった!という方は

ブログやフェイスブック、ツイッターでシェアしてもらえるととっても嬉しいです!!




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表プロフィール

平岡さち

「他人を否定しない

応援されながら夢を叶える優しい空間づくり」を

テーマに教室運営をしています。

夢は本の出版と講演会。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP