起業ストーリー③くすぶり続けた毎日と挫折

 




漠然と不安な日々


さて、サロンオープンしたてのころは

ただただお客さんが来て下さることが嬉しかった私。

 

でも、勢いだけで突っ走ってきた私も

さすがに数カ月もすると現実が見えてきます。

 

ブログから生徒さんも来てくれるし

レッスンはすごく楽しいんだけど

なんとも言えない漠然とした不安が押し寄せるのです。

 

私の思い描いていたサロンはいつも予約がいっぱいで

たくさんの生徒さんに囲まれてるイメージ。

 

上手くいってないとは言わないけど

上手くいってるとも実感できない。

 

これで本当に理想は叶うんだろうか・・・

 

相談する人も誰もいないし

ブログに弱音なんて吐けないし

当時は、ただ一人で不安と戦ってるような毎日でした。

 

 


一発逆転のチャンス!!!


でも、私には一発逆転できるであろう秘策があったのです(笑

それはアイシングクッキーの上級資格である

マスター講座に受かること。

 

だって、人気の先生はみんなマスター講座なんだもん♡

これさえ受かれば大丈夫だと信じ

寝る間も惜しんで毎日勉強して練習して

なんと試験に一発合格しました。

アイシングクッキー講師の中でもたった2%しかいないマスター講師。

 

大阪にはまだ数人しかいなかったので

合格通知を片手に

「これで私も人気講師の仲間入り!」と、信じて疑いませんでした。

 

 


全く状況が変わらない!!


さっそく張り切って翌月のレッスンサンプルを作りました。

マスター講師になったのでマスター講座も開くことができます。

 

だけど、びっくりするほど、状況は変わらなかった。

 

たまに認定講座が入る

たまに生徒さんが来てくださる

でも、その後のレッスンが続かないし

相変わらずレッスンアンケートの参加理由には

「家から近いから」と書かれることに私は落胆しました。

あんなに頑張ったのに、今までと何もかわらない。

なんで??

 

しかも私はせっかく合格したのに

技術が追い付いてないのに合格してしまったと思い込み

さらに「マスター講師のくせに」と思われるのが怖くて

自分の作ったアイシングクッキーを

ブログに載せることすら出来なくなってしまったのです。

もはや悪循環の極みです。

 

こんなに頑張ったのに何も変わらないじゃない

誰に向けてブログ書いてるのか

誰の為に毎月サンプル作ってるのかわからない。

集客の不安からレッスンの値段をさげ

割に合わない労力に疲労する毎日。

 

あんなに毎日眺めていたインスタグラムのアイシングクッキーも

だんだん見るのが嫌になってきた。

 

私、あんなに好きだったアイシングクッキーが嫌いになりそう。。。

 

「やっぱり選ばれし一部の人が成功するのね

こんなに頑張ったのに私には無理だった

パートの方が確実に稼げるし、もう辞めよう」

 

ブログを書かないってラク

来月のサンプルを考えないってラク

アイシングクッキーのことを考えなくていいってラク。

今すぐにサロンを辞めようとは決めなかったものの

もうブログを開くこともほとんどなくなってしまいました。

 





衝撃の出会い!!フラワーケーキ認定講座


ブログの更新も滞り

SNSもみない日が続き

ああ、きっと私はこのままフェードアウトするんだろうなぁと思っていた、そんなある日。

 

所属している日本サロネーゼ協会からお知らせメールが届きました。

「新しい講座がリリースされました。フラワーケーキ認定講座」です。

と、一緒に添付されていた画像に私は言葉を失いました。

バタークリームで作るフラワーケーキ認定講座

「な、な、な、なんて、可愛いの!!」

はじめてアイシングクッキーに出会ったときのような高揚感。

あまりの可愛さに、

メールを見たその瞬間、

私は1期生として認定講座を申し込んでいたのです。

 

 

憧れの協会本部でのレッスンは

各地域の有名な先生が集まっていました。

関西以外にも、広島や九州や関東からも!

私は若干場違いだったかなと不安になったけど

ご活躍されてる先生はみなさんとても優しくて

何よりも、今でも連絡を取らせてもらってる先生もいらっしゃって

本当に本当にありがたい出会いになりました。

 


忘れていた「楽しい!」という気持ち


そして私はフラワーケーキ認定講師になりました。

レッスン中はとにかく楽しくてお花しぼりに夢中になりました。

 

出来上がった時の嬉しさと感動は

初めてアイシングクッキーを作った日のことを鮮明に思い出しました。

 

今思えばへたっぴなアイシングクッキーだったけど

電車の中で何度も箱をのぞいて

一日中ニヤニヤが止まらなかったっけ。

嬉しくて嬉しくてたまらなかった、あの気持ち。

 

「そうだ、私、集客をしなきゃと思い込んでたけど

私がやりたかったことって

この楽しさや幸せな気持ちを伝えることだった!!

私やっぱりサロンやりたい!!

こんな幸せな気持ちをもっとたくさんの人に知ってもらいたい!!」

と、目を覚ましたのです。

 

そして、もう一回。

あと、もう一回だけ、頑張ってみようと思ったのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表プロフィール

平岡さち

「他人を否定しない

応援されながら夢を叶える優しい空間づくり」を

テーマに教室運営をしています。

夢は本の出版と講演会。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP