好きをことで生きていけるのは、好きなことで生きると決めた人




自宅教室やってみたい??・・かも??

前回からの続きです。

 

完全に趣味のつもりで受けたアイシングクッキー認定講座。

一緒にレッスンを受講された方とお昼休みにランチに行きました。

 

サロンオープンにもとても意欲的な方で

「せっかく資格まで取るんだからサロンやればいいのに!」と言われ

「趣味のつもりだったけど、仕事にしてもいいんだ?!」と気付いたのです。

 

アイシングクッキーは自宅サロンやレンタルルームでもレッスンができるし

それなら大きなリスクもない。

「お菓子教室の先生みたいに自宅サロンだったら私にも出来るかも?

でも何から初めていいかわからないなー」

そう、ぼんやり思いながら2回目のレッスンが終わりました。

 

 

同じ年の女の子が「可愛いままで年収1000万?!」

パートの帰り本屋さんに寄るのが私の日課。

その時、ぱっと目に入った「可愛いままで年収1000万」という背表紙。

 

「すんごいタイトルだな・・・」とびっくりして手にとったら

そこには私の知らない起業の世界のことが書かれていました。

 

しかも著者の宮本佳実さんと私は同じ年。

同じ年の普通の女の子が

自分で仕事を初めて大成功してる。

「好きを仕事にするなんて選ばれた人しか無理だと思ってたけど

選ばれた人じゃなくて、自分で未来を選んだ人なんだ!!

もしかして・・・これって私次第なのかも?!」

と、今まで、考えたこともなかった

自分の可能性にドキドキしたのです。

 

そのまま本を購入してカフェに飛び込みました。

「年収1000万とは言わないけど

でもサロンを始めたら

もしかしたら日常は変わるかもしれない。

だって、3500円のレッスンでも1日10人のレッスンで35000円でしょ。

え~!?10日で35万~!!?」

と今思えば取らぬ狸の皮算用なのですが

当時の純真無垢な私は起業に夢をみたのです!!

 

しかも自分の好きなコトでみんなが喜んでくれるなんて素敵だよね!

製菓の学校も出てない私がお菓子の先生になれるなんて夢みたい!

家で仕事出来たら小学校に上がっても学童に預ける必要もないし

スケジュールだって自由だし、通勤時間もない、家族も喜ぶし

やばい!これは人生ひっくり返るかも!

と、すんごい興奮したのを覚えています。

 

自宅教室のオープンを決意!まず最初にしたことはブログ更新!

ただ、当時は銀行でパートしていていたので

まずは仕事が休みの日にやってみよう。

でもお客さんってどうやって呼ぶんだろう?

やっぱりブログ??

「よし、卒業した翌月に自宅サロンオープンしよう!」

そう決めて、家に帰ってすぐにブログを立ちあげ

そしてオープン日を公開しました。

 

 

サンプルも決まってない、

ってゆーかアイシングクッキー認定講座受講中で卒業すらしてない!

見切り発車でスタートしたけど、でもいいんです!!

まずは決めてしまったことが本当に良かった。

 

その日から私は毎日ブログを書きました。

今日つくったアイシングクッキー

今日食べたランチ

今日の子供との出来事

集客のことなんて何も知らなかったけど

ただひたすら毎日ブログを書き続けました。

 

もちろん

ブログを書いてるだけじゃお問い合わせがこないので

問い合わせフォームを設置してみました。

 

レッスンするならテキストも必要だよねと

写真をとってパワーポイントで作ってみました

 

生徒さんのお道具も必要だし製菓店にも行きました

 

この時まだ予約なんてありません。

でもいいんです。

宣言することで、どんどん行動し、環境が整っていくのです

 

 

これは今でも卒業生さんにいつも言ってることで

「決めるって本当に大事」です。

自分で決めているので、そうなる未来しかないのですから。

 

 




自宅サロンオープン前からブログで予約が来た!!

私がサロンをすると決めた時

同時に「かならずブログから集客する」ことを決めました。

要は友達やママ友に声を書けないということ。

 

理由は2つで

①マンションが営業NGなので知り合いがくると困る

②本当にアイシングクッキーを学びたい人を集めたい

と、思ったからです。

 

そして自宅サロンをすると決め

レッスン日を告知して

毎日一日も休むことなくブログを書いてたら

オープン前にも書かわず

ブログの予約フォームを通してレッスンのご予約が入りました。

 

会社のトイレで携帯を見て

感動で体が震えたのを覚えています。

「決めると叶う」

この時はまだ引き寄せなんて言葉は知らなかったけど

でも自分が決めたらその通りになるんだと

実感した私は

手帳にこう書きました。

 

◆自分のサロンを持つ

◆飛行機や新幹線で生徒さんが通う教室になる

◆毎月月収○○万以上になる

 

たった1人予約が入っただけで気が大きくなったんですね(笑

途方もなく大きな夢だったけど、どうせやるなら叶えよう!と決めました。

 

 

結局オープン月はブログから2名の生徒さんが来てくださいました。

お1人はリピートしてくださり、翌月も来てくださいました。

 

そしてもう1人はなんとアイシングクッキー認定講座を申し込んでくださり

私はいきなり卒業生さんを輩出することになるのです。

 

そんなわけで2018年の7月8日

私は自宅サロン講師になりました。

 

本当にブログから来てくださったこと

生徒さんがアイシングクッキーを作って喜んでくださったことが

本当に本当に嬉しかったんです。

 




 

仕事って苦労の対価じゃないの??

子供のころから

「お父さんが頑張って働いたお金なんだから大事にしなさい」と教わってきました。

収入は、我慢と苦労の対価。

多くの日本人はそう学んできたと思います。

 

好きなことに使ったらまた苦労してお金を儲けないといけない。

 

だから私は好きなことより、必要なことに使うようになりました。

子供を産んで余計その思考は強くなったと思います。

例えばこっちの方が可愛いけど、安いからこっちにしようとか。

 

だからきっと

私がアイシングクッキーを受講したいと思った時も

主人の我慢と苦労を

自分の好きなことに使うということに罪悪感を感じたんだと思います。

 

だけど自宅サロンは違う。

自分の好きなことで、誰かが喜んでくれて、収入になる。

 

収入=自分の好きなこと

だから

なくなったらまた好きなことをすればいいだけ。

 

好きなことで得た収入なら

好きなものを買うことにも抵抗がなくなる

今までのお金の概念を覆すこの幸せな循環に気付いたとき

世界がひっくり返るような衝撃をうけました。

 

何年か前に「好きなコトで生きていく」という

HIKAKINさんのYOUTUBE広告を電車で見た時

なんだかすごくざわざわした。

「遊んで仕事になるなんて、そんなの選ばれた運のいい人だけでしょ」って。

ざわざわしたのはきっと

好きなことで仕事になることを認めると

今好きなコトをしてない自分を否定ししてることになるからですよね。

でも、わかったんです。

好きなことで生きていけるのは運のいい人でも選ばれた人でもなくて
好きなことで生きると決めた人。

 

私はサロン講師という仕事で生きていきたいと思いました。

そして、同時にアイシングクッキーの楽しさだけではなく

この働き方をもっともっとたくさんの人に広めたいなとも思ったのです。

これが私の起業一か月目のお話です。

 

しかし、やっぱり、起業はそんなに甘くない!

次回の記事で、私は挫折を味わいます!!

 




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表プロフィール

平岡さち

「他人を否定しない

応援されながら夢を叶える優しい空間づくり」を

テーマに教室運営をしています。

夢は本の出版と講演会。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP