起業ストーリー⑥サロン専用の部屋を契約しよう!

 


サロン用の教室についての考察


サロンも順調で

理想の生徒さんに囲まれ

まさに順調そのものでしたが

私には1つひっかかることがありました。

それはマンションでの営業がNGであること。

 

マンツーマンだったレッスンもだんだん満席が増えてきたのですが

さすがに4人も呼んじゃうとマンション内で目立つのです。

 

教室を宣伝したいのに、知り合いにばれたら困る。

なんと、私はまだママ友にすら教室をしてることを内緒にしていましたから・・・。

 

一体いつまでこんなコソコソしなきゃいけないんだろう。。

こんなのがずっと続くのはしんどいな。

「まぁすぐじゃないとしても、専用サロンを持つことなんて出来るのかな??」

思い立った私は不動産のサイトを調べ

目ぼしいところを見つけたらすぐにメールを送りました。

「サロンをしたいんですけどこの物件は可能ですか?」

「この物件は住居用となっております」

やっぱりなぁ。

じゃあこの物件はどうだろう??

「事業用は取り扱っておりません」

 

「なんでこんなに断られるの?悔しい!!」

だんだん燃えてきた私は

気づいたら50件以上の物件に問い合わせしていました。

結局1ヶ月近く問い合わせた結果

OKが2件・黙認が1件という結果。

 

だけど、私の中で黙認は対象外でした。

黙認というのは大家さん黙認なのか、不動産黙認なのかもよくわかりません。

なんにせよ何かあった時「知りません」と言われるのは困ります!!

 

でも本来居住用であるマンションを事業用で貸すというのは

大家さんにとってはデメリットでしかないのです。

 

まず問題になるのは

「不特定多数の出入り」

一緒に住む住民としても毎日毎日知らない人が来るというのは心配ですよね。

オートロックの意味もないしトラブルにもつながりかねない。

大家さんにとっては何のメリットもなく、むしろデメリットのみ!!

なので長い間住居用として埋まってない場合など

デメリットを受け入れてでも入ってほしい時じゃないと

そりゃ、了承したくないですよね。

 

また火を使うものや、音のするものなどはさらに倦厭されますので

少しでも大家さんを安心させられることがあれば先に伝えておくといいと思います。

私は事前に

たくさん人は来ない(4人まで)

火は使わない(IHヒーターのみ)

週に3回程度のレッスン

大きな音は出さない

ということを伝えていました。

現在の大家さんには「MAX4人なんて友達呼ぶのと変わらないよ」と言ってもらえたので

先に伝えておいたおかげで話も早くてよかったと思いました。

また、サロンの収益や実績などもあると安心材料になると思います。

 

また、マンションが無理な場合

事業用物件を借りるという方法もあります。

もともと会社や事務所だったところを借りるという方法です。

私が紹介してもらったところは

トイレが共同だったりしましたが

その代わり大きく看板を出すことができたり、メリットもあります。

 

居ぬき物件ならテーブルや椅子がそのまんまってこともあります。

ただ、事業用の場合は家賃に対して消費税がかかりますので注意です。

 

結局今回私の場合は「居住用」として借りることになりました。

そのうえで契約書の方に「教室用として使用することを認める」という一文を入れてもらうことになりました。

 

~サロン用マンションを借りる時のポイント~

・黙認物件はおすすめしない(何かあった時立場が弱くなる)
・居住用として契約する時は契約書に一言入れてもらう
・安心材料になることは不動産屋さんに伝えておく

 

 

 


理想の物件に出会った!!


さて、OKをだしてくれた1件に内覧に行ってみました。

私の自宅から自転車で数分

最寄からは徒歩1分(本気を出せば30秒)

さらに新築のワンルーム

 

とても魅力的なお部屋で

ここでサロンができたらどんなに素敵だろう・・・

夢はどんどん広がります。

が、問題は家賃です。

 

私の当初の予算より+2万ほどオーバー

光熱費を考えるとさらに・・・・

「やっぱり私には無理だなぁ・・」

でもここまで来たらほしい。けど怖い。

主人にダメ!って言われたら諦めつくだろうと話してみると

まさかの「OK!」が出てしまったのです。

 

 

まさかとは思ったけど、OKしてくれるなんて・・

いよいよ私が断る理由がなくなってしまいました。

 

ちょうど3月だったので、駅前の新築マンションなんてすぐに埋まります。

不動産への返事も明日にはしないといけません。

ああ、どうしようどうしよう

悩みすぎてボロボロ号泣する私に主人は言いました

 

「とりあえず1年だけやってみたらいい。

毎月赤字だとしても失うのはお金だけやろ?

それ以外はすべて経験として残るやん。

有給とるから明日契約しにいこう」と・・・。

 

この言葉は今でも新しいことをする時に思い出します。

主人のこの言葉は本当に心の支えになりました!!

 

 


サロン契約!私の夢が叶いました!!


不動産では待ち時間に色々お話をしました。

担当の方の奥様はダンスを習ってるらしく

「奥さんがやりたいことやってイキイキするのはすごくいいと思う!

自分で教室借りてレッスンしたいなんて僕も応援したい!」と

大家さんに、ポストにサロン名を書いていいように掛け合ってくださったり

とてもとても親身になってくださいました。

実は私、ちょっとだけバカにされるかもと思ってたんですね。

主婦の趣味の延長でしょ、みたいな。

すごく背中を押して頂いて、次引っ越すことがあれば

絶対この方にお願いしようと決めています。

やはり、会社ではなく人と人ですね。

 

 

さて、雑談しながらも

契約の時の私は嬉しさよりも

とんとん拍子で決まっていくことにとにかくびびり

ハンコ押すとき完全に涙目。

「本当にいいの?後悔しない?」と半泣きな私と

「大丈夫大丈夫」と背中をさする主人

周りはどんな関係かと思ったに違いありませんね(笑

 

 

 

さて、契約してしまったらもう後戻りはできません。

ハンコ押した瞬間、同時に腹がくくれたのも事実です。

 

私はとうとう夢のサロンを手に入れたのです。

私が最初に掲げた

・教室専用のサロンをもつ

・飛行機や新幹線で生徒さんがくる

・月収○○万になる

のうち、二つが叶いました。

 

何よりもコソコソせずに教室ができること

もうママ友に嘘をつかなくていいこと(まだ銀行でバートしてるって言ってた)

が何よりも嬉しかったのを覚えています。

本当にサロンを持たせてくれた主人には感謝ですね。

 

 

さて、次回はサロンを持つにあたって私が心に誓った覚悟について

お話したいと思います^^

 

お楽しみに!

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表プロフィール

平岡さち

「他人を否定しない

みんなの夢が応援される優しい空間づくり」を

テーマに教室運営をしています。

夢は本の出版と講演会。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP