起業初心者のための売れる商品の作り方「フロントエンド・バックエンド」について

 




 

フロントエンド商品とバックエンド商品とは

自宅教室やサロン運営の相談を受けていて一番思うのは

商品設計が出来ていない人がとても多いということ。

 

新規さんが来てくださったあと

その方にまたリピートしてほしいと思ったら

メニューの導線づくりはとても大事です。

 

今日はフロントエンドとバックエンドという商品の作り方について解説します!

 

 

フロントエンド商品とは

フロントエンド商品とは

お試し商品、体験レッスン、体験セッション、無料セミナーなど

お客さんが最初に出会う商品のことです。

比較的安い商品を設定しておきます。

このフロントエンド商品の目的は「新規顧客の獲得」です。

 

 

バックエンド商品とは

継続セッション・コース商品・認定講座・本コースなど

本当に売りたい商品・本命の商品・教室のメインとなる商品のことです。

バックエンド商品の目的は「利益をあげること」です。

 



フロントエンド商品とバックエンド商品の例え

住宅販売

フロントエンド商品・・・無料展示会

バックエンド商品・・・住宅販売

化粧品販売

フロントエンド商品・・・無料お試しセット

バックエンド商品・・・商品購入

習い事教室

フロントエンド商品・・・体験レッスン

バックエンド商品・・・認定講座

カウンセラー

フロントエンド商品・・・体験セッション

バックエンド商品・・・継続セッション

オンラインサロン

フロントエンド商品・・・無料メルマガ

バックエンド商品・・・オンラインサロン入会

 

 

・・・・と、いうように必ず

フロントとバックエンドがあってこそビジネスは成り立つのです。

こうやってみると

「そんなの当たり前じゃないか!」と思う方が多いと思いますが

この設計が出来てない講師さんの多いこと多いこと・・・!!

 

 

クライアントさんとセッションをしていると

「体験レッスンで人が増えたらオリジナルコースを作りたいんです」なんて

相談されることが多いのですが・・・

それは完全に逆です!!

 

だってそうですよね、

ドモホルンリンクルが、

「無料お試しセットが売れたら、商品作ります」なんて言ってたら

変だなって思いませんか?!

 

本当に売りたい本命商品を作って

その本命商品を売る為に、

「お試し」してもらえる商品を作るのです。

 




 

ペルソナを決めよう。本当に売りたいものを「誰」に売りたいのか??

フロントエンド商品よりも

バックエンド商品を先に作らなければいけないというのは

分かりましたね!

 

では、そのあなたが本当に売りたいバックエンド商品は

一体誰に売りたいのでしょうか??

 

この質問をすると

「買ってくれる人ならだれでもいいです」という返答が聞こえてきそうですが

そうではありません。

 

ビジネスというのはすべて「悩みの解決」です。

誰のどんな悩みを解決できるのか??を考え

そこから本命の商品づくりをしていくのです。

 

 

では、今回は私が主催している

「ブログの書き方を学ぶグループ講座」を例に解説していこうと思います。

 

こんな商品を作りたいなと大枠がきまったら

次に「ペルソナ」を決めます。

 

ペルソナとは??

 

ペルソナとは、商品やサービスを販売したいもっとも理想的なユーザーモデルのこと

「こんな人が来てくれたらすっごい嬉しいな!」という観点から自由に設定してもらえればOKです。

例えばママの為の商品を作りたいなら

当然ペルソナはママになりますよね。

ちょっと高めの商品なら、ペルソナの年収なども引き上げて設定します。

 

 

「ペルソナなんて決めなくても買ってくれたら誰でもいいんです!」と思う気持ちはわかります。

たくさんの人に知ってもらいたいし、

そんなことしたらお客さんが減ってしまいそうと心配になりますよね。

 

でも、実はペルソナを決めることで、
購入者の悩み、商品の必要性、広告の打ち方、キーワードの選定などすべてを決めることが出来るのです。

 

そして、ペルソナを設定する時は

  • 年齢
  • 家族構成
  • 住まい
  • 本人の自由に使えるお金
  • 収入
  • 趣味
  • 現在の悩み
  • 理想の生活

などを細かく選定していきます。

そしてこの

「ペルソナを幸せにするために自分には何が出来るか?」から

考えて、商品を考えていくのです!

 

 

私のブログ講座のペルソナの悩みは・・

 

まず私のターゲット層は「自宅教室をしているサロン講師さん」です。

  • 35歳
  • 夫・小2(娘)幼稚園年中(息子)
  • 住まい・愛知
  • サロン年商約20万
  • 自由に使えるお金 月10万
  • 趣味・可愛いモノ作り
  • 悩み・習い事教室を主宰してるが知り合いしかこない
  • 理想の生活・サロンでパート分くらい稼ぎたいと思っている

 

主婦で、幼稚園生がいる

じゃあこの人の手があくのはいつなのか??を考えることで

ブログの配信時間なども想定できますよね

遠方の人がターゲットなので

オフラインよりオンラインで

出来ることを増やそうという工夫もできそうです。

また母親であることから

「ママでも出来る」や「主婦だからこそ!」という言葉が響きそうだし

子供が小さいので「子供と一緒に」というキーワードもいいと思います。

 

このようにペルソナを決めることで

商品だけでなく、商品の必要性、広告の打ち方まで決めることが出来るのです。

 

 

 

では次に商品設計の為

このサロン講師さんの悩みを

さらに深堀りし、具体的にしてきます。

 

ペルソナの悩み

「ブログで集客をしたいけど、毎日何を書いていいかわからない

日記みたいなブログしか書けなくてこのまま続けていいのか不安になっている。

自分の想いを書いて選ばれて愛されるサロンを作りたいけど

一人でできなくてどうしていいかわからないこと」です。

 

ここまでしっかりはっきりと悩みを想像します。

 

 

次にこの人が欲しい未来を考えます。

ペルソナの理想の未来

 

「ブログの想いに共感してくれるファンが出来て

ネットから集客できるようになる

書きたいことがあふれてブログが楽しくなる

応援しあう楽しさや嬉しさを知って、孤独ではなくなり

サロンワークが本当に楽しくなること」

 

そして、最後に

このギャップを埋めるために自分は何が出来るか?を考えます。

 

私が出来る事

 

「ブログを習慣化させるために2日一回書ける仕組みをつくる

記事のタイトルとなぜそれを書いた方がいいのか細かくアドバイスする

一人だと諦めてしまうかもしれないから、グループ講座にする

ライバルじゃなくて応援しあう関係を作れる仕組みを作る

集客できるように、

SEO対策(=ネット検索に強いブログの作り方)

についてもわかりやすく説明する

孤独にならないように、出来るだけ即レスして寄り添う」

と、ペルソナの悩みを解決していく商品を作っていくのです。

 

それを表にするとこんな感じになります。

 

私が商品を作る時はこのような図式を書いて構築していきます。

商品設計の順番をおさらいとまとめ

①ペルソナを設定する

②ペルソナの現在の悩みを具体的に出す

③ペルソナのなりたい未来を具体的にだす

④そのギャップを埋めることができる

悩みを解決できる商品を考える・・・バックエンド商品

⑤バックエンド商品のメリットを感じてもらえる商品を作る・・・フロントエンド商品

 

 

簡単に言えばこんな感じで商品を作っていきます。

要は

フロントエンド商品で人を集めて
バックエンド商品で利益をあげる

と、言う感じです。

 

もちろん同業者のリサーチや

フロントエンド商品とバックエンド商品のバランスや

契約率なども考えていきますが、

今日は最低限必要なコトをお話させて頂きました!

 

 

「好き」なものを売るためには

実は、戦略的なことも必要だったりするのですが

1人じゃなかなかここまで考えるのは難しいですよね。

それは普通のことで

売り手になるとどうしてもフラットな目線で考えられるなくなってしまうのです。

でも「できない!」「向いてない!」と諦めるのではなく

私のように一緒にサポートしてくれる方にお願いするのもいいと思います。

世の中にはちゃんと

どういう考え方をすればいいのか

サポートや戦略を考えるのが得意な方もいらっしゃいますからね!

 

私の場合はサロン講師の先生が叶えたいことを叶えるために

現状把握から行い

先ほどのような資料をもとに

どうすれば最短で叶うか?を一緒に考えるお手伝いをさせて頂いています。

 

とはいえ、私も本業は協会の認定講師。

サロン講師として自分のレッスンもありますので

セッションの募集は現在不定期で

メルマガからの募集のみとさせていただいております。

 

サロン講師をしたことないコンサルタントよりも

実際に主婦として

認定講師として活躍している

自分の気持ちを分かってくれる

平岡さちに相談してみたい方や

または

この記事のような

初心者でもわかりやすい、ビジネスの作り方について興味のある方は

是非メルマガのご登録をお願いします。

20日にわたって

サロン講師になるためのアドバイスやノウハウがぎっしり詰まっています!

image



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表プロフィール

平岡さち

「他人を否定しない

応援されながら夢を叶える優しい空間づくり」を

テーマに教室運営をしています。

夢は本の出版と講演会。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP